Department of Engineering Science, Graduate School of Informatics and Engineering,
The University of Electro-Communications
  ENGLISH

バイオ・ナノフォトニクス

視物質に似た光合成タンパク質を利用したバイオ素子の開発(視覚機能光センサー、光メモリー)や、量子光学への応用を行っています。また、非線形分光法でバクテリアの細胞膜を生きたまま構造解析しています。
 情報通信研究機構NICT神戸未来ICTセンター,理化学研究所河田ナノフォトニクス研究室,大阪大学応用物理学専攻と共同研究しています.

NEWS

2016.4.15
日刊工業新聞に好塩菌で作製した画像フィルターの記事が掲載されました.
2016.3
卒業研究発表会において宇野泰弘君が優秀発表賞を受賞しました.おめでとう!
2015.12.16
"タンパク質ベースの光学フィルターを用いた画像処理"がSPIE ジャパンニュース に掲載されました.
2015.10.13
"Protein-based optical filters for image processing"がSPIE Newsroom に掲載されました.
http://spie.org/x115663.xml
2015.3
卒業研究発表会において三籐剛君が目黒会賞・優秀発表賞,田邉君が優秀発表賞,修士論文発表会において高藤寿人君が優秀発表賞を受賞しました.おめでとう!
2013.11.5
学部4年生 宮下一馬君がフランスで行われた国際ワークショップで研究発表しました."Protein-Based Photosensor for Biomimetic Sensing,” Proc. of International Workshop on Nano and Bio-Photonics (IWNBP), Biarritz, France
2013.2.18
修士2年生 川本大樹君の研究「バクテリオロドプシン視覚センサーによるオプティカルフロー検出」に対し,コニカミノルタ科学技術振興財団賞,および応用物理学会日本光学会光みらい学生奨励金が授与されました.
2012.12.29
"Robot vision using biological pigments"がSPIE Newsroom に掲載されました.
2010.11
第31回全日本マイクロマウス大会において,M専攻田中研・S専攻岡田研合同チームが「特別賞」を受賞しました.
全日本マイクロマウス大会(主催:財団法人ニューテクノロジー振興財団、後援:文部科学省、経済産業省)に,世界初のバクテリオロドプシン視覚センサを搭載したマウス(ロボット)で出場.最先端技術の積極的活用が評価されました。

2015年度メンバー

教員
 准教授岡田(首藤) 佳子
    Yoshiko.Okada@uec.ac.jp
大学院生
 M2 田邉 君
 M2 花岡 荘八
 M1 宇野 泰弘
 M1 小俣 駿
学部生
 B4 大澤 修平
 B4 深澤 光